ヒップホップ

GOBLIN LAND(ゴブリンランド)とは?大阪発次世代の兄弟ラッパー

一度見ただけで忘れらないほどの強烈な見た目のGOBLIN LAND(ゴブリンランド)。

まるで漫画の世界から飛び出してきたようなクセの強すぎるヴィジュアルと、独特なラップが日本語ラップ界で話題になっている。

そんな最近話題のゴブリンランドだが、まだまだ一部にしか知られていなく謎に包まれている部分も多い。

この記事ではゴブリンランドのプロフィールや魅力、人気曲などを紹介する。

ネオチンピラGOBLIN LAND(ゴブリンランド)とは?大阪発の兄弟ラッパー

ゴブリンランドはYUZin(ユージン)とVarong(バーロン)の兄弟HIPHOPグループ。

関西を中心に活動し、関西を全面的に押し出したMVやリリックも話題。

自分たちのことを「ネオチンピラ」と自称し、「サグではなく、あくまで俺らはチンピラ、遊び人」のコンセプトのもと活動している。

 

 

日本人なのでファッションも日本らしさを意識している。

古いものを持ってきて新しくする「昭和の不良と現代のトレンドの融合」

GOBLIN LAND(ゴブリンランド)の地元、年齢などのプロフィール

ゴブリンランドのふたりのプロフィールを紹介する。

YUZin:ユージン

  • 兄貴
  • 青や緑の髪の毛の方
  • 誕生日:1995年生まれ、誕生日不明
  • 年齢:23歳
  • 顔怖い
  • 洋彫

Varong:バーロン

  • 金髪襟足の方
  • 誕生日:1996年10月16日
  • 年齢:22歳
  • 顔怖い
  • 和彫

 

  • 姉が2人いる。
  • 出身地:南大阪
  • 学年でいうと2つ違い
  • 2016年から活動を開始

中学生のころから海外のHIPHOPを主に聞く。

基本的に時間に縛られずにぐうたらしたい生活をしたい願望が根底にある。

そのためには大金が必要になるが、海外で活動する日本のラッパーがいないことに気づき、自分たちならできると思い活動開始。

金と女と楽しい暮らし、まさにHIPHOPドリームを掴むためにラップしている。

海外のラッパーと同じような動機で実にHIPHOPだ。

ゴブリンランドの名前の由来は「自分たちはサグではなくあくまでチンピラ、だから悪魔の妖精のようなかわいいらしいものでゴブリン」、そして「自分たちのランドを作っていこう」という意味。

GOBLIN LAND(ゴブリンランド)が影響を受けた音楽

幼い時は親の影響で浜田省吾をよく聞く。

HIPHOPとの出会いは中学生の時に姉にすすめられた「Soulja Boy」。

中学時代はレゲエを聞くことが多く地元の友達もレゲエを主に聞き、カラオケでもジャパレゲをよく歌っていた。

日本のHIPHOPはウェッサイ系をよく聞いていた。

USの大人気兄弟ラッパーRae Sremmurd(レイシュリマー)にも強く影響を受ける。

USやアトランタ、アジアンヒップホップなど主に海外のHIPHOPからの影響が強く、ゴブリンランドの曲も海外のトレンドをうまく吸収している。

GOBLIN LAND(ゴブリンランド)のインスタグラム・ツイッター

YUZin:インスタグラム
@yuzin_goblinland

YUZin:ツイッター
@YUZin_GOBLIN

 

Varong:インスタグラム
@varong.goblinland

Varong:ツイッター
@Varong_GOBLIN

独特なファッションや表現のゴブリンランドの世界観

Bボーイファッションやストリートファッションももともと好きだが、昭和の不良の世界観が気に入っているようだ。

昭和の不良スタイルと現代のトレンドを融合させた「ネオチンピラ」という独自の世界観を持つ。

それはファッションだけでなくゴブリンランドの音楽にも表れている。

海外や流行の模倣ではなく、「昭和の不良という独自の日本のカルチャー」を大事にし自分たちのオリジナルスタイルを目指している。

既存のHIPHOPにとらわれない最先端を走る自由で新しいサウンド

彼らのことをパッと見ただけではイロモノだと思うかもしれないが、やっている音楽はかなり新しく先端を走っていると言える。

HIPHOPをよく知りもしないただの若いだけの人間が真新しさだけを狙って奇抜なことをしているかと思いきや、やっていることは海外のラッパーに近く実にHIPHOPである。

海外ではロックやメタル要素をトラップミュージックに混ぜ込んだりするのがここ数年流行っている。

ゴブリンランドもそうしたトレンドをキャッチし、ただ模倣するだけでなく自分たちのオリジナリティを加えてゴブリンランドの音楽にしている。

ゴブリンランド自身「新しいものを常に取り入れていく。HIPHOPは進化していくもの。」と語っている。

リリックはガリガリ書くというよりはその場のノリでフリースタイルで録ることが多い。

リリックを考えるのはだるい、本当にめんどくさいらしい。

リリックはリアルなことだけ。

逆にリリックをがっつり作ると自分の素の言葉ではなく作り物になりがちらしい。

だから適当に録るのがいちばん良いものが出来上がるのがゴブリンランドだそうだ。

とはいえ音楽に対しては真面目で、適当に歌ってるというがリリシストである。


GOBLIN LAND(ゴブリンランド)の人気曲

GOBLIN LAND(ゴブリンランド)の人気曲を紹介する。

KANSAI SEKAI

大阪の街を舞台に関西を前面に押し出したぶっ飛んだMVとリリック。

ドラゴンボールのスーパーサイヤ人のようなゴブリンランドの二人もおもしろい。

メタル要素の含むトラックもかっこいい。

YouTubeのMVはアリノママとのダブル仕様。

衣装はLONELY/論理。

KANSAI SEKAI/ゴブリンランド:歌詞|MV|リリックと意味を解説

O.O.O feat. Lisky.S & T.O.P

タイトルの意味はOriginal Only One。

MVのオラツキ具合もゴブリンランドの味を出している。

オートチューン全開のラップ、リリックは意外と深いことを言っている。

ただ正直2人だけの方がよかったと個人的には思う。

O.O.O/ GOBLIN LAND:歌詞|リリックと意味・MVを考察

O.O.O/ GOBLIN LAND:歌詞|リリックと意味・MVを考察
O.O.O/ GOBLIN LAND:歌詞|リリックと意味・MVを考察画像引用元:YouTube 2018年12月に発売されたアルバム「NEO CHINPIRA」に収録された「O.O.O feat. Li...

NEO CHINPIRA

2:26~から。

ゴブリンランドの「ネオチンピラ感」が現れた1曲。

初見は正直ダサいのかかっこいのか新しいのかもよくわからないが、何度も聞き返したくなる。

兄貴は洋彫り俺和彫りのリリックが印象的。

関西から世界を目指すゴブリンランドに今後も注目

イロモノ枠と思われがちだがゴブリンランドは真剣に音楽をやっているし世界を見ている。

「関西から世界へ」はネタでも冗談でもなく本気で言っている。

ゴブリンランドのことをダサい思う人も当然いるし、正直好き嫌いが分かれるアーティストであることは確か。

しかしゴブリンランドを聞かずして日本語ラップの最先端は語れないだろう。

created by Rinker
¥2,200
(2019/12/10 13:13:35時点 Amazon調べ-詳細)

 

KANSAI SEKAI/ゴブリンランド:歌詞|MV|リリックと意味を解説

O.O.O/ GOBLIN LAND:歌詞|リリックと意味・MVを考察

RELATED POST