ヒップホップ

リーン/パープルドリンク|ラッパーがよく飲む紫色のカクテルドラッグ/コデイン

リーン/パープルドリンク|ラッパーがよく飲む紫色のカクテルドラッグ/コデイン:ネット世代の音楽ブログ

ラッパーやヒップホップ好きの中で密かに流行っている紫色の飲み物「リーン」。

日本人ラッパーではCz TIGER(シーズタイガー)が有名。

これだけラッパーが堂々とリーンについて曲を出したりオープンにしていると、興味を持つのは当然だろう。

この記事はリーンを推奨するものではなく、むしろリーンに警鐘を鳴らす記事です。

リーンについてやリーンをやるよりもおすすめのCBDについてまとめた。

リーン(パープルドリンク)とは?

リーンとはコデイン(鎮咳剤、別名メチルモルヒネ)とスプライトや酒を混ぜた飲み物のこと。

そもそもコデインとはケシから抽出されるオピオイドという化合物が原料。

ちなみにケシはアヘンの原料でもあり、モルヒネやヘロインもケシから抽出されるものだ。

こう聞くとコデインは劇薬なのではと感じるが、その通り劇薬である。

しかし用法用量を正しく守れば薬としての効能を発揮し、日本では風邪薬や咳止めシロップにも使用される。

リーンはSizzurp(スィズアープ)やDirty sprite、Purple Drunk(パープルドリンク)、Double cupなど呼び方があるがどれも同じ。

カリスマ的人気のLil Pump(リル・パンプ)も常に飲んでいる。

だいたいラッパーが持ってるこのカップ(ダブルカップ)の中身はリーンだ。

まだ10代のLil Pumpですらリーンを愛好しているが、そもそもリーンを流行らせた大元はアトランタのラッパーFuture(フューチャー)だろう。

リーンの特徴・効果

まずコデインの効能としては以下。

  • 中枢神経の抑制作用
  • 咳止め
  • 多少の鎮痛効果

これがコデインが風邪薬や咳止め薬に使用される理由。

風邪薬や咳止めシロップの成分表を見ると「コデインリン酸塩、リン酸コデイン」と表記されているはずだ。

老人にリーンを飲ませた海外の動画。本当かフェイクはわからない。

 

このコデインを多量に摂取すると、トベるとのことでラッパーや若者が合法的にハイになれると気軽に乱用しているようだ。

リーンは依存性が高く死亡例もある。離脱症状がきつい

リーンは手軽だが、その分依存性が高く海外ではオーバードーズ(過剰摂取、通称OD)により死亡したラッパーも多い。

Lil wayne(リル・ウェイン)もリーンのオーバードーズで運ばれたこともある。

離脱症状も辛く、喉の渇きや頭痛、吐き気、倦怠感など凄まじいので安易な使用は絶対にやめよう。

リーンはブロンやトニンなどの市販薬で作れる?

リーンは風邪薬や市販薬に含まれているので、市販薬で作ることができる。

よく見るのはブロンやトニン、コフジスなどの「ジヒドロコデインリン酸塩(コデイン)」が入った咳止めシロップをスプライトなどの炭酸ジュースで割ったもの。

created by Rinker
ブロン(BRON)
¥803
(2019/12/10 01:34:37時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
福地製薬
¥978
(2019/12/10 12:26:43時点 Amazon調べ-詳細)

ブロンでODはよく見るけど、気軽にやっていいものではない

リーンではなくブロンの錠剤(糖衣錠)を大量に飲んでODする方法もある。

リーンもそうだがブロンの糖衣錠でODするのは本当にやめよう。

ツイターを見ると堂々とブロンODをしていることを呟いている人もいるが、そんなカジュアルにやっていいものではない。

違法ではないのだから個人の自由と言われればそうだが、興味本位でやっても後悔しか残らないので踏みとどまることを強くおすすめする。

created by Rinker
ブロン(BRON)
¥713
(2019/12/10 02:06:04時点 Amazon調べ-詳細)

リーンを作るのは違法・犯罪?

国内の咳止め薬やブロンの糖衣錠などでリーンを作るって自分で飲む分には犯罪にあたりません。

しかし個人輸入してきたり、国内では使用の認められていないコデインの所持などは犯罪にあたります。

また、市販薬でもリーンの譲渡・販売なども犯罪に抵触します。

リーンを愛用するラッパー達、ヒップホップとドラッグ文化

リーンは合法ではあるものの危険性は十分ある。

しかし愛用しているラッパーが多いのも事実。

それはヒップホップカルチャーとドラッグの縁は切っても切れないからだろう。

海外ではドラッグディーラーやギャングからラッパーになるパターンが多い。

だからといって肯定していいものではないが文化に根付いているものなので、どうしても切っても切れないものである。

日本人でも舐達麻やジンドッグのようにリーンよりも明確に違法な大麻を前面に押し出したラッパーも多くいるぐらいだ。

舐達麻(なめだるま)とは?90年代HIPHOPを彷彿させる今一番サグなラッパー

Jin Dogg(ジンドッグ)とは?関西トラップ界の重要ラッパー。年齢や経歴

日本人ラッパーでリーン好きと言えばCz TIGER

日本のラッパーで大麻好きを公表しているラッパーは多いが、リーン好きを公言しているラッパーはそこまで多くない。

有名なのはCz TIGER(シーズタイガー)だ。

Cz TIGEはニート東京でもリーンについて語っており、リーンにまつわる楽曲も多くリリースしている。

海外のラッパー達は脱リーンの動きが

海外でも流行っているリーンだが、最近では脱リーンの流れも生まれている。

リーンを流行らせた張本人のFuture(フューチャー)も脱リーン宣言し、自分が流行らせたことを今になって後悔している。

また、A$AP Rocky(エイサップロッキー)は「クリエイティブの得るためにドラッグをやる人間は才能がない」とドラッグを批判する。

かつてはドラッグについての曲も多かったA$AP Rockだが、プロモーションやファッションでやっていただけだそうだ。

世界は今フィットネスやヘルスケアがトレンドなので、流行りとは真逆のリーンは今後どんどん見なくなっていくだろう。

リーンは危険、世の中の流れはCBD

リーンやブロンでODする事は相当な危険行為。

少し調べればリーンの危険性はわかるものを、好奇心を抑えられずに手を出してしまうのは、自制心のなさと思慮の浅さとしか言いようがない。

もちろん何か理由があって使用している人や、本当に覚悟があって自己責任でやっている人には文句を言わないが、ただの好奇心なら今一度考えて踏みとどまってほしい。

海外のインフルエンサーたちも脱リーンの動きが強く、トレンドになるのはCBDだろう。

CBD初心者におすすめのリキッド&VAPEセット。スターターキットを選ぶ理由CBDリキッドを始めたいが、どれを選べばいいかわからないという人は多いと思う。 CBDリキッドを使うためにはVAPE(ヴェポライザ...

合法的かつ安全にトビたいならCBDがおすすめ

とはいえこれだけラッパーが楽曲やSNSで、大麻やリーンについておおっぴらにしている現状で興味を持つなという方が無理だ。

リーンを飲んだら、大麻を吸ったらどうなるのか、ハイになれるのか、気持ちよくなるのか、音楽の聞こえ方は変わるのか、体感してみたいだろう。

しかしその快楽はリスクと天秤にかけても手にするほど価値のあるものだろうか?

個人的にはNOだ。

それならば大麻から抽出された100%合法なCBDをおすすめしたい。

大麻には主に成分が2つに分けれらる。

一つは大麻の「キマる」と呼ばれる作用を引き起こすTHC(テトラヒドロカンナビノール)

THCは精神に作用する酩酊成分。

もう一つは精神に作用しない酩酊成分のないCBD(カンナビジオール)である。

CBDは大麻の栄養素の40%を占めており、酩酊成分もなく安全性も高いことからメディカルサイエンス的にも注目される成分である。

CBDは大麻取り締り法から除外された成分なので100%合法。使って何の問題もなし。

法の抜け穴をうまくかいくぐったような「脱法」とは違い、明確に使用、所持が許可されている成分だ。

そしてリーンのように危険性もなく、むしろ健康効果が高いものである。

  • ストレスを和らげる
  • 睡眠の質の向上
  • 精神分裂病
  • 気鬱症
  • アトピーによるかぶれ、湿疹
  • 神経性食欲不振(神経性無食欲症)
  • 引きつけ、痙攣、癇癪
  • 医薬品常用癖
  • アルコール中毒
  • 白内障
  • 緑内障
  • 舞踏病
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脳硬塞(脳血管発作、脳出血)
  • 心臓病
  • 肝臓系の疾病
  • 外傷性脳損傷(TBI)
  • 血圧向上
  • 細胞の腫れを鎮める
  • 便秘を軽減
  • 癌腫
  • 脳腫瘍
  • エイズ
  • 自己免疫性ぶどう膜炎
  • FM(全身に痛みが生じる病気)
  • 骨粗しょう症

 

しかし、気になるのはそんなことではなく、CBDが大麻やリーンの代わりになるようなものかどうか、要は音楽が気持ちよく聞こえるようになるか、キマるかどうかだろう。

CBDは酩酊成分ではないので、ハイになることはない。

そもそもリーンも大麻もダウナーなのでハイにはならない。

CBDがリーンが大麻と同じ働き、効果をもたらすかといえばNOだ。

しかし、CBDを使った後は独特のリラックス感があり、キマると表現するのは微妙だが効果はある。

CBDは聴覚に左右することはないと言われているが、リラックス作用があるからか音の聞き分けや没入感がある。

CBDにより普段よりもいい感じに音楽を聞くことができる。

この辺りは個人差もあるだろうが、きちんとしたCBDの選び方、使い方をする人の意見ではだいたい皆同じように答える。

CBDレビュー|AZTEC×VapeMania 和み-Nagomi-体験談00
CBDレビュー|AZTEC×VapeMania 和み-Nagomi-体験談イギリスの人気CBDブランドAZTECと日本のCBD専門店最大手VapeMania(ベイプマニア)のコラボCBDワックス「ブロードスペク...

CBDリーン|CBDでもリーンが作れる

それでもリーンが飲みたい!という人はCBDでリーンを作ることができるので、そちらをおすすめする。

  1. スプライトと氷を入れる
  2. CBDシロップ(グレープ味)を入れる
  3. CBDグミを入れる

動画ではCBDシロップを使っているが、日本ではCBDリキッドかCBDオイルしか手に入らないので、グレープ味の炭酸ジュースにCBDオイルを混ぜればCBDリーンを作ることができる。

ブロンやコフジス、アネトンなどで作るリーンよりもCBDリーンの方がクールだ。

リーンよりも今世界的にアツいのはCBD

ラッパーに憧れてリーンに手を出すよりも今世界的にトレンドになっているCBDの方がおすすめだ。

リーンでハイになろうとするのは2019年現在では少し遅れていると言ってもいいだろう。

世界的な流行りでいえば今はCBDの時代であり、リーンとCBDだと時代背景も考えるとクールなのは間違いなくCBDである。

おすすめのCBDの摂取方法はCBDリキッド

CBDの摂取方法はCBDオイルをそのまま経口摂取する方法と、CBDリキッドをVAPEによる気化摂取。

なぜならCBDをVAPEで気化して吸う方が5割も摂取量が増えることと、オイルよりもリキッドの方が3割ほど安く手に入るからだ。

CBDを始めるにはだいたい10,000円ほど初期費用がかかるのと、ランニングコストの面でもリキッドの方が安くつく。

初心者は「VapeMania|ベイプマニア」でスターターキットを購入することをおすすめする。

 

人気No.1CBDリキッド&VAPEセットはこちら

 

リーンで取り返しのつかないことになるよりも、楽しいCBDライフの方が断然おすすめだ。

CBDについてもっと知りたい人は下記にまとめてあるので参考にして欲しい。

 

CBDとは?違法性や捕まる心配のない大麻|医療でも注目の効果効能や成分を説明

CBD初心者におすすめのリキッド&VAPEセットを紹介

CBD濃度90%最強ブロードスペクトラムCBDレビュー

RELATED POST