日本語ラップ

釈迦坊主|元ホストでネットラップ出身の注目ラッパー/年齢やプロフィール

釈迦坊主|元ホストでネットラップ出身の注目ラッパー/年齢やプロフィール

画像引用元:YouTube

長い黒髪のセンターパート、端正なルックス、既存のラッパーとは明らかに違った雰囲気の「釈迦坊主」。

向けられる言葉も「釈迦様」「釈迦様尊い」「釈迦坊主シコい」などラッパーに向けられる褒め言葉とは違ったものである。

しかし釈迦坊主のスタイルは奇をてらっただけものでない。

ヒップホップカルチャーに対してしっかりと向き合いリスペクトを持ち、その上で釈迦坊主の世界観を表現しているのだ。

ニート東京にも出演し、人気に火がつきそうなラッパー釈迦坊主のプロフィールや人気曲を紹介する。

元ホスト、ネットラップ出身ラッパー釈迦坊主(しゃかぼうず)とは

歌舞伎町大阪ミナミ16歳から3年

人騙して金儲け ケミカルに溺れ 救急車で送迎

生死を彷徨って おはよう釈迦坊主です

引用元:釈迦坊主:Himiko

釈迦坊主の人気曲「Himiko」のワンバースだが、まさに彼の人生を表すリリックである。

幼少期はゲームばかりして過ごし、中学時代はギャル男と呼ばれるファッションに身を包み、好きな音楽はV系バンド「DIR EN GREY」にゲーム音楽。

青春は歌舞伎町でホストとして過ごし、ドラッグに溺れ人間社会の闇の部分を嫌という程経験し現在はラッパー。

ラッパーとしては異質な経歴の釈迦坊主。

釈迦坊主の年齢や本名などのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

乙女座A型

shaka bose 釈迦坊主さん(@shakaboo2)がシェアした投稿 –

釈迦坊主のプロフィールはまだwikipediaもなく謎に包まれている部分が多いが、わかる範囲でまとめた。

  • 釈迦坊主|読み方:しゃかぼうず
  • 本名:不明
  • 誕生日:1992年9月1日
  • 年齢:26歳(2019年現在)
  • 出身地:和歌山県、小学校4年生の時に東京に引っ越す
  • 所属レーベル:Tokio Shaman Records(主催)
  • 小学生のころはゲームばかりして過ごす
  • 中学生の頃はギャル男と呼ばれる服装をし、16歳で歌舞伎町のホストになる
  • ドラッグにはまりオーバードーズを体験
  • 2011年ごろから釈迦坊主としてニコニコ動画を中心にラップを投稿し始める
  • 当時好きな音楽はV系バンド「DIR EN GREY」やゲーム音楽
  • 影響を受けたゲーム:FINAL FANTASY、スーパーマリオ
  • 好きな日本のラッパーはKOHH、A-Thugなど

釈迦坊主は年齢不詳な見た目である。

あるインタビューで1992年生まれと回答しており、誕生日はツイッターで9月1日ということがわかっているので、2019年現在の釈迦坊主の年齢は26歳。

ホストを経てラッパーになったのは釈迦坊主ぐらいのものだろう。

釈迦坊主がラップを始めた経緯はホストを辞めた後、病んだ自分の内面を表現するための方法として、「自分でもできそうだ」と思ったことから。

もともとDTMでゲーム音楽を作っていたことから、トラックもリリックもMVも全部自分でこなせるほどセルフプロデュース力が高い。

2011年から活動しているが、昨年2018年ごろから急激に注目され、知名度、人気共に着実に増やしている。

釈迦坊主のCD・アルバムリリース情報

釈迦坊主は音源の配信も自身のレーベル「Tokio Shaman Records」から行なっている。

完全セルフプロデュースだ。

CDとしての販売は行なっておらず、デジタル音源として配信している。

Apple Musicなど各種サブスク音楽配信サービスで聞くことができる。

平成が終わる直前に発表した釈迦坊主のフルアルバム「Heisei」は発表後Apple Musicのヒップホップ部門1位になるほど人気が出た。

YouTubeでも収録曲のいくつかは聞くことができるが、アルバム全体で聞きたい人は3ヶ月無料なのでぜひApple Musicをダウンロードして聞いてみてほしい。

 

釈迦坊主のアルバムをApple Musicで全て聞く

 

釈迦坊主のツイッター・インスタグラム

釈迦坊主:ツイッター⇒@shakaboo2

釈迦坊主:インスタグラム⇒@shakaboo2

釈迦坊主のツイッターは告知以外の普段のツイートは見た目とは裏腹に以外と人間味がある。

釈迦坊主はインスタライブも頻繁に行なっている。

釈迦坊主は「リスナーがアーティストになることもあるし、実際アーティストとリスナーの境界は曖昧」と言っていることもあり、ファンとの距離も近い。

釈迦坊主の独特の世界観はゲーム・歌舞伎町・ドラッグの影響

釈迦坊主の曲は、マンブルラップ、エモトラップミュージックがベース。

そこに釈迦坊主の闇の部分やホラー要素、ゲーム、スピリチュアル、ヴィジュアル系、ロックなど様々な要素が混ざり「釈迦坊主の世界観」を作り出している。

MVもヴェイパーウェイブ調で、「デビルメイクライ」などのゲームの映像や謎のアニメーションなどよくわからない世界観だ。

ステレオタイプのラッパーとは異なる釈迦坊主のルックス・見た目

黒髪長髪のセンターパートに元ホストと言うだけあり綺麗な顔立ち。

釈迦坊主の見た目はおよそ既存のステレオタイプのラッパーとは全く違う。

それも釈迦坊主のプロデュース戦略なのかもしれないが、その見た目も含めて釈迦坊主の世界観を作り出している。

この世界観で音楽をやれるだけのスキルとルックスが備わってる。音楽に見た目は関係ないとはいえ、これ歌ってるのがMCニガリだったらなんか聴く気しないもん

引用元:YouTubeコメント欄

ヒップホップは見た目ではないが、確かにキャラというもの重要ではある。

HIPHOPヘッズ以外も魅了する釈迦坊主の人気

釈迦坊主はHIPHOPヘッズのみならず、あまりHIPHOPと馴染みのない女性からも支持されている。

主にルックスだが、それに合わせてMVの世界観や曲自体も受け入れられている。

釈迦坊主は既存のラッパーとは違う道を開拓しているのかもしれない。

釈迦坊主は歌詞よりも音としての気持ちよさを重視する

釈迦坊主のリリックはよくわからない言葉や、意味があるとは思えないようなワードがよく出現する。

これについて釈迦坊主は「リリックよりも音としての気持ち良さを重視する」とニート東京のインタビューで答えている。

「言葉は何をいうかよりも誰が言うかが重要。言葉自体の意味はあまり重要ではない」とのこと。

呂布カルマも認める釈迦坊主のかっこよさ

動画冒頭の呂布カルマのインタビューで「最近かっこいいなと思う若手ラッパーは?」との質問に釈迦坊主とOZworldをあげている。

 

呂布カルマがラッパーを見るときはバトルや韻だけでなく音源やスタイルなどもちゃんと見ている。

その呂布カルマも認めるということは、釈迦坊主の世界観は独創的なだけでなく、かっこよさもちゃんと備えているということだ。

ちなみにOZworldのことは釈迦坊主も「かっこいい」と評価し、インスタライブでは「いっしょに曲を作ってみたい」というほどだ。

 

呂布カルマとは?唯一無二のバトルMC|言葉の強さや年齢、プロフィール

Ozworld a.k.a R’kuma(レオクマ)の年齢やタトゥーを紹介


釈迦坊主の人気曲/おすすめ曲|MV

釈迦坊主の人気曲やおすすめの曲を紹介したい。

MVはクセが強すぎるが、それを含めて楽しんでほしい。

釈迦坊主の人気曲:Thanatos

強烈なMVと「悪魔と契りまくり」という耳に残るフックが印象的な曲。

ライブでも合唱が起こるほどの人気曲。

中毒者続出。

釈迦坊主の人気曲:Black Hole feat.Sleet Mage,Kaine dot Co,Tohji

新しい時代が来たと感じ得ない曲。

個人的にはtohjiのバースも素晴らしい。

釈迦坊主の人気曲:Himiko(feat.Dogwoods&OKBOY)

「おはよう釈迦坊主です。」の曲。

不安や違和感を感じる曲なのだが、なんとも言えない中毒性がある。

徐々に人気が広がる釈迦坊主に今後も注目

ギャングスタラップやフリースタイルバトル、トラップ、チルアウト系などヒップホップにも様々なジャンルがある。

しかし釈迦坊主はどのジャンルに属するのかというと、難しい。

強いていうならエモトラップにジャンル分けされるかといったところ。

釈迦坊主は日本のヒップホップシーンだけでなく、海外にも目を向けているのでこれからの動きにも注目だ。

釈迦坊主自身が主催するパーティー「Tokio Shaman」通称トキマをレギュラーで開いているので、今のうちならいつでも見ることができる。

YouTubeだけでなくアルバム全体で通して聴くとどの曲も聞こえ方が違ってくるので、Apple Musicをダウンロードして全体で聞くことをおすすめする。

 

釈迦坊主のアルバムをApple Musicで全て聞く

 

呂布カルマとは?唯一無二のバトルMC|言葉の強さや年齢、プロフィール
Ozworld a.k.a R’kuma(レオクマ)の年齢やタトゥーを紹介
ジメサギとは?プロフィールや人気曲
関西トラップ界の重要人物ジンドッグについて
hiphopをもっと楽しむ方法

RELATED POST