CBDおすすめ

CBDとは?違法性や捕まる心配のない大麻|医療でも注目の効果効能や成分を説明

CBDとは?違法性や捕まる心配のない大麻|医療でも注目の効果効能や成分を説明:ネット世代の音楽ブログ

最近話題のCBD。

しかし日本ではまだ馴染みがないので、CBDについてよくわからない、本当に違法性がないのか、安全なのか心配だと思う人が多いのではないだろうか。

この記事ではCBD利用者でもある私がCBDについてまとめた。

CBDに興味がある人やオススメのCBDについても紹介しているので、最後まで読み進めてほしい。

CBDをすぐ始めたい人はおすすめのCBDリキッドで紹介しているので、そちらを参考にしてみてほしい。

CBD初心者におすすめのリキッド&VAPEセット。スターターキットを選ぶ理由CBDリキッドを始めたいが、どれを選べばいいかわからないという人は多いと思う。 CBDリキッドを使うためにはVAPE(ヴェポライザ...

CBD(カンナビジオール)とは?違法性や捕まる心配はない安全な大麻抽出物

CBDとは大麻に含まれる生理活性物質の総称である「カンナビノイド」のうちの一つの成分。

カンナビノイドは104種類あり、その中でもCBD(カンナビジオール)に高い健康効果があることが医療用大麻の研究が進むにつれわかってきた。

CBDの安全性については海外で100以上の論文があり、人と動物に対して高い安全性が認められている。

 

 

また、日本での違法性についてもCBDは大麻取締法の規制対象外なので逮捕されることなく100%安全に使えます。

CBDは大麻の茎や種子から抽出される成分。

大麻取締法では「花穂と葉」が規制対象なので、茎と種子由来のCBDは対象外なので逮捕されることなく法的に使用が許可されている。

画像引用元:一般社団法人 日本薬用植物研究推進協会 大麻草の成分(カンナビノイド)について

 

これは法の抜け穴をうまく潜り抜けたようなグレーな「脱法」とは違い、100%安全な「合法」のものなので堂々と使用して問題ない。

そしてCBD(カンナビジオール)には依存性や精神作用はないものであることも研究によって証明されている。

また、最近ではドンキホーテにもCBDが販売されたり、日本のファッション誌などにも掲載されるなど、徐々に広がりを見せてきている。

CBDとTHCの違い

マリンファナ、大麻のいわゆる「キマる」「ハイになる」と言われる作用はTHC(テトラヒドロカンナビノール)が引き起こすもの。

THCもCBDも大麻に含まれるカンナビノイドだが、THCは麻薬及び向精神薬取締法で規制されている成分なので、違法だが、CBDは規制対象外。

CBD(カンナビジオール)はTHC(テトラヒドロカンナビノール)と違ってハイにならず依存性もないので、健康目的でも趣向品としても何も問題なく使用できる。

CBDはペットにも使える健康用品

CBDは人と動物に対して高い安全性、健康効果が認められているので、ペットにも使えると近年注目されている。

ペットの免疫バランスを整えたり、アンチエイジングやストレス対策などにも有効性を示している。

楽天市場などでもペット用CBDで検索すればたくさん商品があり、ペットの健康に気を使う方からも注目されている。

CBDの効果・効能

CBDは医薬品ではないため、薬事法で効果を謳うことはできない。

ただし、効果について研究されている疾患や症状は以下のようなものがあげられる。

  • ストレスを和らげる
  • 睡眠の質の向上
  • 精神分裂病
  • 気鬱症
  • アトピーによるかぶれ、湿疹
  • 神経性食欲不振(神経性無食欲症)
  • 引きつけ、痙攣、癇癪
  • 医薬品常用癖
  • アルコール中毒
  • 白内障
  • 緑内障
  • 舞踏病
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • 脳硬塞(脳血管発作、脳出血)
  • 心臓病
  • 肝臓系の疾病
  • 外傷性脳損傷(TBI)
  • 血圧向上
  • 細胞の腫れを鎮める
  • 便秘を軽減
  • 癌腫
  • 脳腫瘍
  • エイズ
  • 自己免疫性ぶどう膜炎
  • FM(全身に痛みが生じる病気)
  • 骨粗しょう症

CBDはまだまだ研究段階なので、効果を保証するものでもなく、体感にも個人差はある。

とはいえ良好な研究が多く、今後の研究結果にも期待ができる。

医薬品として認められていないものの全世界でCBD愛用者が多いことから、体感できる効果に満足度が高いことがうかがえる。


CBDでキマる?ハイになる?精神には作用しない。まったりする

CBDには「ハイになる」「キマる」といった精神作用はない。

緊張やストレスから解放されるリラックス効果や、「心地よい眠気」を引き起こすために良質な睡眠が得られるなどの作用はある。

わかりやすくいえば「まったりする」といった感じだろう。

CBDリキッドを試してみたあるユーチューバーの動画。

動画9分あたりからCBDリキッドを摂取した後の雰囲気がわかる。

ハイにならない成分とはいうものの、これは立派な意識変容だと思うけどねぇ

彼は動画の中でこのように感想を述べている。

まぁ感じ方には個人差があるということだ。

キマると表現するのはおかしいが、ハイにならなくとも「まったり」するのは間違いない。

ちなみに依存性や耐性がつくなどもなく、安心安全に使えるものなので心配しなくても大丈夫である。

CBDレビュー|AZTEC×VapeMania 和み-Nagomi-体験談00
CBDレビュー|AZTEC×VapeMania 和み-Nagomi-体験談イギリスの人気CBDブランドAZTECと日本のCBD専門店最大手VapeMania(ベイプマニア)のコラボCBDワックス「ブロードスペク...

CBDオイルとリキッドの違い、初心向けなのはCBDリキッド

CBDには経口摂取用のCBDオイルと、蒸気を吸い込むためのCBDリキッドの2種類の摂取方法がある。

初心者にはCBDリキッドから始めるのをおすすめする。

なぜなら経口摂取に比べて毛細血管から吸収するため吸収効率が良く、効果の実感が早く、コスパもいいからだ。

それぞれの特徴を説明する。

CBDリキッド:効率的で体感も早くコスパがいい

CBDリキッドはCBDを専用のデバイス(VAPE)で蒸気にさせ摂取する方法。

毛細血管から吸収されるので、体感スピードがリキッドよりも早く、吸収効率も良い。

CBDオイルに比べて約4倍効率がいいと言われている。

また、CBDオイルは高価なものが多いが、リキッドの方が安く、一回の使用量も少なく済むのでコスパがいいと言える。

 

CBDリキッドはCBDをPG(プロピレングリコール)とVG(ベジタブルグリセリン)に混ぜたもの。

PG、BG共に食品にも使われる安全なものなので心配はいらない。

CBDリキッドでCBDを摂取するためにはVAPE(ベイプ、ヴェポライザー)と呼ばれる電子タバコ機器が必要になる。

安価で手に入るスターターセットがあるので、安く始めることもできるのでおすすめだ。

 

また、リキッドの中でもCBDワックスというものがあり、CBDリキッドよりも高い濃度のCBDワックスというものもある。

こちらはリキッドよりも高価だが、体感もリキッドよりも上。

高い効果を実感したい人はリキッドよりもワックスを選べば満足度は高いだろう。

CBDワックスに使用には専用のVAPEが必要。

CBDオイル:吸収率や即効性はあまりないが持続性がある

CBDオイルはココナッツオイル(MCTオイル)やヘンプシードオイルがベースになっている。

CBDリキッドは摂取して数分で効果を体感できるが、CBDオイルは1〜2時間後に体感できる。

効果を実感するのは遅いが、その後は5〜6時間効果が持続するので、CBDリキッドよりも長く効果を感じることができる。

リキッドよりも吸収効率もコスパは悪いが、持続時間が長いため、休日に1日ゆっくりしたい時などシーンを分けて使うことをおすすめする。

CBDのメリット・デメリット、使った感想

私はCBDを使い始めて1年以上経過している。

初めは興味本位での使用だったが、今ではCBDは生活になくてはならない必需品だ。

CBDを使って1年以上の経験からメリット・デメリットを紹介する。

CBDのメリット

まずはCBDのメリットから紹介する。

  • タバコを必要としなくなる、禁煙ができた
  • ストレスや緊張感の解放ができる、リラックス効果を得られる
  • 少量の摂取だと集中力が増す
  • 夜ぐっすり眠れる、朝もだるさがなく、スッキリ起きれる
  • 音楽が気持ちよく聞こえる
  • 大麻など違法なものに手を染めることがない

タバコよりもCBDの方がリラックスできる。

タバコを吸った後の独特なダルさなどもなく、CBDで禁煙することができた。

また、CBDは聴覚に変化はないとされるが、リラックスできているからか音の聞き分けがはっきりする。

そのため普段よりも音楽に集中できるためよく聞こえる。

よく違法薬物や大麻などで音楽が気持ちよく聞こえるのでは、と興味を持つことがあると思うが、それならばCBDをおすすめしたい。

CBDのデメリット

CBDにもデメリットというほどデメリットはないが、使う上で注意点はある。

  • 眠気があるので運転前は使用は控える
  • 深い睡眠を得られるので、夜更かしした時に吸うと朝遅刻する危険もある
  • ぼーっとするので仕事前や人前に出る直前は使用は控える
  • ハマりすぎると金銭的に負担になる

CBDは眠気が強いので、運転前など注意する必要がある。

意識変容はないものの、人前に出る前は使用は控えた方がいいだろう。

CBD初心者におすすめのリキッド&VAPEセット。スターターキットを選ぶ理由CBDリキッドを始めたいが、どれを選べばいいかわからないという人は多いと思う。 CBDリキッドを使うためにはVAPE(ヴェポライザ...

CBDはAmazonや楽天よりも専門店で買うのがオススメ

CBDは楽天やAmazon、ドンキホーテなどで手に入るが、専門店で購入する方がおすすめだ。

CBDは国内製の物もあるが、まだまだ数が少なく、製造コストの高さからものすごく高価なので、海外製品がメインになる。

海外製品なので楽天などで購入する際は、輸入先のショップの信頼性や、取り扱いのメーカーなどを注意する必要がある。

悪質なショップから購入すると、製造年月の古いものや粗悪なメーカーのものを手にする危険もある。

そのためCBD製品は専門店から購入することを強くおすすめする。

おすすめのCBD専門店はVapeMania|ベイプマニア

ベイプマニアは国内のCBD取り扱い店の中でも老舗なので信頼性も高く、取り扱っているCBDメーカーも大手のものばかりなので安心できる。

さらに割引やポイント、特典なども豊富なので一番お得にCBDを手に入れることができる。

ベイプマニア取り扱いブランド例
  1. Koi:アメリカのメーカー、世界でもっとも厳しいといわれる製造品質管理基準cGMPをクリアした製品、味にも定評がある
  2. PharmaHemp:スロベニアのメーカー、1965年から産業用ヘンプ製品を研究する老舗メーカー
  3. CBDfx:アメリカのメーカー、薬剤師公認であり味にも定評がある
  4. AZTEC:イギリスのメーカー、すべての製品がフルスペクトラム(カンナビノイド全てが入っている)であり、濃度も国内流通最大の10%のものもあり、高い効果がある
  5. CANNIMAL:アメリカのメーカー、ペット用に特化しておりアメリカ合衆国農務省の認証をうけた完全オーガニック製品が特徴。ペット用ならここ。

正直CBD製品は種類がありすぎてどれを選べばわからない人が多いと思うが、初心者はベイプマニアおすすめのスターターセットを選べば間違いない。

CBD初心者にもっともおすすめのセットは、ペン型スターターキット「JUSTFOG Fog1」と「PharmaHemp E-LIQUID CBD3% (300mg) 」のセットだ。

人気No.1CBDリキッド&VAPEセットはこちら

おすすめポイント
  • 効果を体感しやすいフルスペクトラムCBD
  • CBD濃度3%なので濃度も十分
  • 1965年から産業用ヘンプ製品を研究する老舗メーカーのファーマヘンプ社製
  • 値段も手頃で愛用者が多く高評価

フルスペクトラム、CBD濃度3%なのでまず間違いありません。

失敗しようがないセットです。

CBDユーザーからの評価もいいので、CBD入門にはおすすめのリキッドだ。

 

人気No.1CBDリキッド&VAPEセットはこちら

楽天などでCBDを買うよりもベイプマニアで買う方が安く、割引や特典があるのでおすすめだ。

CBDは世界では注目の健康成分として大流行中

CBDは世界中で大流行中の注目の健康成分。

大麻と聞くと怖いイメージがあるが、CBDは医療用大麻としても注目され、今後世界の動きからもどんどんCBDが注目されていくのは確実。

美容効果も高く、化粧品など肌に塗る物にもCBDが配合されるなど、美容業界からも注目の成分。

CBDについては使ってみないとその良さはわからないので、興味があるならまずは一度使ってみることをおすすめする。

 

人気No.1CBDリキッド&VAPEセットはこちら

CBD初心者におすすめのスターターキットを紹介

CBD濃度90%最強ブロードスペクトラムCBDレビュー

CBD初心者におすすめのリキッド&VAPEセット。スターターキットを選ぶ理由CBDリキッドを始めたいが、どれを選べばいいかわからないという人は多いと思う。 CBDリキッドを使うためにはVAPE(ヴェポライザ...
RELATED POST