ヒップホップ

PUNPEE(パンピー)はラップ以外にも多彩な才能を持つ天才。経歴を紹介!

PUNPEE(パンピー)は東京都板橋区出身のラッパー。

ラップ以外にもトラックメーカー、DJ、プローデューサーなど活動は多岐にわたる多彩なヒップホップMC。

その活動はFUJI ROCK FESTIVALへの出演や加山雄三や宇多田ヒカルとのコラボ、人気番組「水曜日のダウンタウン」の楽曲制作などHIPHOPの枠のみならずメディアの仕事にも及ぶ。

そんなPUNPEE(パンピー)の経歴や人気曲、活動歴などを紹介する。

PUNPEE(パンピー)とは?ラッパーでありDJ、プロデュースなど多岐にわたる活動を行う

PUNPEE(パンピー)は大人気HIPHOPレーベル「SUMMIT(サミット)」に所属するラッパー。

実の弟のs.l.a.c.k.(スラック、現在は5lack表記)と同級生のGAPPER(ガッパー)との3人でのグループP.S.G(ピーエスジー)にも所属。(現在はグループでの活動は全く行っていない)

ラップだけでなく、DJ、トラックメイカー、サウンドエンジニア、プローデューサーとしても活動し、どの活動も高いクオリティを誇る一流のアーティスト。

ラップの実力は2006年のUMB(当時日本一のMCバトルの大会)を22歳の時に東京大会優勝。

相手は現在フリースタイルダンジョンの審査員を務める「KEN THE 390」。

ケンザを抑えての優勝なのでバトルMCとしての実力も十分にあるので、コミックラッパーではない本物のMC。

現在のHIPHOPシーンのみならず音楽シーン全体にかなりの影響力がある、なくてはならない人気アーティストの一人。

PUNPEE(パンピー)の身長や彼女などのプロフィール

PUNPEE(パンピー)の出身や経歴などのプロフィールを紹介する。

  • 本名:高田智央(たかだともひさ)
  • 誕生日:1984年3月26日
  • 年齢:34歳(2019年現在)
  • 出身地:東京都文京区(巣鴨)。小学校4年生の頃に板橋区に引っ越す。
  • 身長:不明、160後半ぐらいと予想
  • 音楽が好きでレコードマニアの父親の影響で幼いころから音楽を聴いて育つ
  • 交際相手:元AKBの秋元才加
  • アメコミが大好きで楽曲にもかなりアメコミの要素が取り入れられている

 

不良の多い中学校で、どちらかというといじめらっ子と仲が良かったが、特にいじめれるわけでもない「普通の一般人(パンピー)」としての経験が名前の由来にもなっている

中学生の時のシャカゾンビを聞き日本語ラップに傾倒するが、高校時代は軽音部に入りバンドをやる。

もともとオルタナティブロックも好きだったためである。

大学は1年で中退。その後はフリーターとなりながら2002年に「板橋録音クラブ」を結成しラッパーとして歩み始める。

PUNPEE(パンピー)の出身大学は法政大学と噂されているが、出身大学は謎のようだ。

PUNPEE(パンピー)の彼女秋元才加との結婚は?

PUNPEEの彼女はAKB48の秋元才加である。

2018年に熱愛が報じられた際にPUNPEEは堂々と交際宣言をしており、2019年現在も破局の報道はない。

交際期間もそれなりに長いため、順調にいけばこのまま結婚だと噂されている。

PUNPEE(パンピー)の経歴

PUNPEEのこれまでの活動歴を紹介する。

  • 2002年に「板橋録音クラブ」を結成
  • 2006年22歳の時にUMB東京大会優勝
  • 2007年にs.l.a.c.k.、GAPPER(ガッパー)との3人でP.S.G(ピーエスジー)結成
  • 2009年10月にアルバム『David』を発表。KREVAやZEEBRAなどの大御所ラッパーやHIPHOP雑誌に高い評価を受ける
  • David発表以降人気に火が付き、客演や楽曲提供など活躍の場が広がる
  • 2014年にレッドブルのテレビCMに出演
  • 2014年ネット放送のDOMMUNEで宇多田ヒカルデビュー15周年記念「宇多田ヒカルのうた」でDJを務める。以後、宇多田ヒカルとの交流が生まれる
  • 2014水曜日のダウンタウン(TBS TV「水曜日のダウンタウン」テーマソングを担当
  • 2017年1月に宇多田ヒカルの「光 -Ray Of Hope MIX-」をリミックスし、全米iTunesチャートの日本人アーティスト第2位という快挙(日本人アーティストでは最高位)
  • 2017年7月FUJI ROCK FESTIVAL’17出演
  • 2017年10月に1stソロアルバム「MODERN TIMES」リリース
  • 2018年SPACE SHOWER MUSIC AWARDS 2018「BEST HIP HOP ARTIST」を受賞

 

なんとも輝かしい経歴だが、大学中退後のフリーターの期間は葛藤もあったはずだ。

PUNPEEは天才と評されることが多く、確かに彼のセンスや才能は並のものではない。

しかしそれはPUNPEEが真面目に過去の音楽や映像をたくさん吸収したからだ。

膨大なインプットが今の彼を支えている。

きっと人一倍努力をしたからに他ならない。

活動はかなり多岐に渡るため、詳しく知りたい方はウィキペディアや所属レーベルSUMMITを覗いてみることをおすすめする。

PUNPEE(パンピー)のツイッター・インスタグラム

PUNPEE(パンピー):ツイッター
@PUNPEE

PUNPEE(パンピー):インスタグラム
@punpee_

PUNPEE(パンピー)の音源、CDアルバムリリース、ライブ情報

  • 2017年7月:FUJI ROCK FESTIVAL’17「WHITE STAGE」に出演
  • 2017年10月:初のソロアルバム「MODERN TIMES」リリース
  • 2017年:ワンマンツアーライブ「Journey into Mystery Tour 2017」開催
  • 2018年5月:ワンマンライブ「Seasons Greetings’18」開催
  • 2018年7月:FUJI ROCK FESTIVAL’18に出演

 

ソロとしてのリリースはまだこれからだが、フューチャリング、客演はかなり多い。

また、楽曲提供やメディアでの活動を含めるととてもここでは紹介しきれない。

詳しくはこちらも所属レーベルのSUMMITYouTubeをチェックしよう。

PUNPEE(パンピー)の人気曲、おすすめ曲、MV

PUNPEE(パンピー)の人気曲やMVを紹介する。

タイムマシーンにのって

YouTube再生回数100万回以上。

アルバム「MODERN TIMES」のリードトラック。

MVにはPUNPEEの大好きなアメコミや映画のオマージュがたくさん隠れているので、探しながら見るのも楽しい。

PUNPEEのここまでの歩みを考えるとなんだか泣けてくる。

STUTS – 夜を使いはたして feat. PUNPEE

STUTS名義で客演という形だがこちらも名曲。

トラックもそうだが歌詞がエモい。

夜遊びしているこの何気ない時間が、振り返った時に大切な思い出になるのかな。。と20代ながらに考えてしまう一曲。

MVの20年後の大人になったPUNPEE役はなんとPUNPEEの実のお父さん。

どうりで似ているはずだ。

低評価押してるやつはいったい普段何を聞いているんだ。

STUTS&PUNPEE/ 夜を使いはたして :歌詞と意味・MV考察

RAU DEF – FREEZE!!! feat.Sugbabe

元SUMMITの盟友RAU DEF(ラウデフ)との一曲。

Sugbabe(シュグベイブ)はPUNPEEがシンガーとして活動する時の別名。

RAU DEFのフロウももちろんだが、PUNPEEの普段とは違うシンガーとしての一面や男同士の友情がテーマのリリックなどが最高だ。

RAU DEFは現在はSKY-HI主宰のレーベル「BULLMOOSE」に所属。

この曲はアパレルブランドXLARGE®のプロモーションンソングにも起用されている。

MVにはOMBIE-CHANGのメイリン、Salvador、地味にSKY-HIなども参加している。

個人的にアウトロが最高。


この先の日本語HIPHOPを見据えたパンピーの活動に今後も注目

PUNPEE(パンピー)はもはや単なるHIPHOPアーティストの枠にとどまらないアーティストであり、プロデューサーだ。

現状の日本語ラップでは引き続きバトルブームやUSやコリアンの影響でトラップが人気だが、そういったシーンともまた違った魅力がPUNPEEにはある。

日本語ラップの先を見据えるPUNPEEの活動はこれからも注目だ。

created by Rinker
¥2,673
(2019/12/10 20:32:45時点 Amazon調べ-詳細)
RELATED POST