ヒップホップ

Ryohu(呂布)とは?KANDYTOWN所属のラッパー。年齢やプロフィール

呂布と聞くとバトルで有名な呂布カルマをイメージしがちだが、今回紹介するのは東京のRyohu(呂布)。

次世代HIPHOPクリエイター集団「KANDYTOWN」に所属するクールなラッパーだ。

Ryohu(呂布)はラップだけなくビートメイクや高いファッション性、役者としての一面など多彩なアーティストである。

Ryohu(呂布)の年齢やプロフィール、人気曲などを紹介する。

Ryohu(呂布)とは?KANDYTOWNの所属のラッパー

Ryohu(呂布)は東京世田谷発のHIPHOPクリエイティブ集団「KANDYTOWN」に所属するラッパー。

KANDYTOWNはラッパーだけでなくDJ、ビートメーカー、映像制作などなんでもこなすクリエイティブなメンバーを擁するHIPHOPクルー。

YOUNG JUJUやIOなどの人気ラッパーが多数在籍し、その中でもRyohuは中心的な人物なのでぜひチェックしておきたい。

ちなみに呂布カルマとは何の関係もない全く違う人物。

Ryohu(呂布)の年齢や出身などのプロフィール

Ryohu(呂布)の年齢やプロフィールを紹介する。

  • 本名:中山 亮平
  • 誕生日:1992年4月5日
  • 年齢:27歳(2019年現在)
  • 出身地:東京都世田谷区二子玉川
  • 小学生の時にキングギドラを聞きHIPHOPに興味を持つ
  • 中学生のころからHIPHOPのライブハウスに足を運ぶようになり、そこで「フリースタイルをやってみろ」と言われてやったラップがバカにされる。そこから本格的にラップを始める
  • 10代限定のフェス「閃光ライオット」に「ズットスレテルズ」というバンドでMC担当として出演。
  • ズットズレテルズは「OKAMOTO’S」の前身にあたるバンド。メンバーとは今も仲が良い
  • ラップだけでなくビートメイク、楽曲制作も行う
  • 中山 亮平名義で俳優としても活動
  • SuchmosやBase Ball Bear、あいみょんなどさまざまなジャンルのアーティストととも積極的にコラボする
  • ファッションや車、ライフスタイルなども話題になる
  • ひと言で言うとイケてる男

Ryohu(呂布)は多彩なラッパーであり、HIPHOPの枠にとらわれず幅広く活動を行う。

楽曲も定評があり、オシャレでシティーボーイ感が漂うとても雰囲気のあるラッパーだ。

Ryohu(呂布)のツイッター・インスタグラム

Ryohu(呂布):ツイッター
@ryohu_tokyo

Ryohu(呂布):インスタグラム
@ryohu_tokyo

Ryohu(呂布)の音源、CDアルバムリリース情報

Ryohu(呂布)個人としてのCDや曲のリリース情報をまとめた。

  • 2016年:ファーストソロEP「All in One」を自主制作でリリース
  • 2017年4月:ファースト一般流通EP「Blur」
  • 2018年11月:アルバム「Ten Twenty」

KANDYTOWN名義や客演はもっと多いので、気になる人はそちらもチェックしよう。

Ryohu(呂布)の人気曲、おすすめ曲、MV

Ryohu(呂布)の人気曲やおすすめの曲、MVを紹介する。

All in One

Blurに収録されている1曲。

シンプルで音使いで心地よいトラックのメロウな曲。

これを聞いているだけでおしゃれになった気さえしてしまう。

Forever (Remix) ft.MUD

自主制作のファーストEP「All in One」に収録されていたものをKANDYTOWNのメンバーMUDを迎えてリミックスした1曲。

映像もKANDYTOWN所属の映像クルー「THE TAXi FILMS」により制作。

90年代調のトラックに乗せてエモいラップをかましてくれている。

NEKO(Remix) feat.呂布/MUD(OKAMOTO’S名義)

OKAMOTO’Sの曲に同じくKANDYTOWNのMUDとともに客演。

バンドとHIPHOPが見事にクロスオーバーした最高にクールな1曲。

こちらもエモさたっぷり。


ラッパー以外の活動も多い多彩なRyohu(呂布)

ラッパーとしての活動に留まらないマルチな才能を持つRyohu(呂布)。

HIPHOPのジャンルにとらわれない彼の活動を紹介する。

あいみょんやサチモスともコラボするRyohu(呂布)

Ryohu(呂布)は今を時めくあいみょんの「愛を伝えたいだとか」をリミックスバージョンでコラボしている。

こちらのリミックスはKANDYTOWNのビートメイカーNeetzが参加し、配信とアナログ盤でリリースされている。

さらに人気バンドSuchmosの「GIRL」でも客演し、武道館にも立っている。

その他Base Ball Bear、ペトロールズなどともコラボするなど、Ryohuの才能と実力が多方面でも評価されていることがわかる。

メロウでクールなRyohu(呂布)のアーバンHIPHOPに酔いしれよう

都会的なラップ、アーバンHIPHOPが好きなら絶対にRyohuは聞いておくべきだろう。

リリックもフローもクールで、いやらしさのないオシャレなビートがとても心地よく耳に入る。

Ryohuの曲をイヤホンで聞きながら街を歩くだけで、いつもの景色も違って見えるだろう。

RELATED POST